Teeth

歴史から見る変化

矯正歯科の歴史などについて

歯並びを矯正するために矯正歯科を利用されたことがある方は多いと思います。 ワイヤーを使い、正常な位置に歯を移動させる治療の事で、その歴史は私達が想像するよりもはるか昔の紀元前1000年には歯列矯正の道具が使用されていたと言われています。 現代の矯正歯科で使用されている矯正の基盤が普及されたのは18世紀頃で、フランスより生まれた方法を元にしています。当時は不正咬合を矯正するために半円形の板と糸を使って歯を固定していたと言われていますがこれが長年の研究などでワイヤーに変化してきました。審美目的で矯正歯科で歯の矯正をする場合は保険が適用されないため60万円〜120万円の治療費が必要となりますが、普通の治療では40万円から治療ができるので歯並びが気になる方は矯正歯科へ通ってみる事をおすすめします。

矯正歯科で歯並びを治療できます

矯正歯科は歯科の中でも、歯並びを治す専門的な医師がいる病院です。以前は歯の矯正と言うと、歯の全面にワイヤーを取り付けて長期間治療を行う必要がありました。しかし現在では、歯の裏側にワイヤーを付け他人に知られず見た目も良い見えない矯正や、食事の時に取り外す事ができるので、食事での違和感が無いマウスピース矯正などの方法があります。 矯正歯科ではカウンセリングを行い、本人の要望に応えた治療法を選択できるようになっています。また、手術によって短時間の内に歯並びを治す施術も行っており、矯正歯科専門の医師は多くの経験と知識を持っているので信頼性も高いと言えます。 矯正歯科は新たな技術の開発により、患者に負担をかけず短時間で歯並びを治療できるようになってきています。